手紙01裁判員制度というのは、2009年5月21日に施工された日本の司法・裁判制度で、有権者の中から選ばれた人が裁判員として裁判の審理に参加するというものです。日本国内の一般の有権者が無作為に選出されて裁判に参加する制度には、国民の司法への理解を深めることや一般市民が持っている常識や感覚を裁判の審理に反映させるという目的があります。特定の刑事裁判にこの制度が適用されているのですが、事件の中には殺人事件や傷害致死罪、強盗致傷罪などが挙げられます。裁判は、基本的に裁判官3名と裁判員6名で審理に出席して証拠調べの手続きや弁論手続きなどに立ち会い評議をおこないます。裁判員に選ばれた場合は拒否権がなく、呼び出しに応じなかったり無視していた場合は罰金が科せられます。この制度は志願するものではなく無作為に選出されますので、認められている特別な事情がある場合に限って辞退することも可能となっています。選ばれ方ですが、地方裁判所ごとに裁判員候補者名簿が作られ裁判員候補者の名簿に登録されたという通知が届きます。この段階で裁判所で出向く必要はありませんが、調査票を送付する必要があります。その後事件ごとにこの名簿の中からくじにて候補者が選ばれることになります。